ラインで世界と繋がれる

スワッピング画像

タブレットを持っているお客様なら大体のお客様がトークアプリ「ライン」を入れているのではないでしょうか。そしてライン掲示板を活用しているのではないでしょうか。

 

ラインは一つのディスプレーに複数人の信書が表示されるようになってあり、メイルのように逐一DLボックスを開かなくてもおしゃべりのようにスムーズに物語をすることができます。

 

また言及を受信した周辺にとっても、アプローチが離せなくて答申やるお忙しいシーンなど相手に読んだという目論見を伝わるのでよむだけで簡単に答申したような状態にできます。

 

従来の言及の会話と比べると格段にタイミング短縮されて煩わしさがなくなりましたよね。そういったラインには既読体系という便利な体系があり、これは顧客が自分の信書を掴むと自分の信書の横に「既読」記号が付くというものです。

 

こういう体系は今までになかったずいぶん便利なもので、デリバリーやつ側にもDLやつ側にもプラスがあります。

 

ラインでコミュニケーション

スワッピング画像

言及が伝わったのか伝わっていないのかうなづけるだけでデリバリー周辺のリライアビリティはとっても大きくなるものです。なので、顧客から言及が来た時にはなるべく既読だけでも塗るようにしたいものですね。

 

信書を送信した周辺は仮に顧客から答弁がなくても、既読記号が付くため取り敢えずは自分の送った信書やライン掲示板を読んでくれたことがうなづけるので、伝えたいことが伝わっていないのではないかと不安に思うことがありません。

 

こういうポイントは言及を読んだ数を表してあり、自分の送信した言及をどれくらいの数が読んでいるのかがひと目でわかります。3お客様以上の大数で世界トークをする時には、表示される既読記号の横にポイントがつきます。

 

便利な既読体系を活用して、親子や妻や周囲とラインで面白く物語ができるといいですね。